Howdy Music
  mail lyrics
top profile songs gallery diary

Back Number(〜2004.07)
2003: 〜November (1) 〜November (2) 〜November (3) December
2004: January February March April May June July

(2004.09〜最新のlyricsへはこちらをクリックしてください。)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
〜2003 November (3)
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
哀しみに
凍えた心を
抱きしめてあげる

寂しさに
震える唇を
温めてあげる

かじかんだ手を握り
息を吹きかけてあげる

明日の朝は
空を見ようね
温もりに包まれていく空を

哀しみも
寂しさも
喜びに溶け合っていく

朝は
その真実を
天空いっぱいに
教えてくれるから
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
哀しみの中で
見つけたもの

苦しみの中で
探し当てたもの

それに勝る宝は無い
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
そのままが
素敵です

そのままが
嬉しいです

泣けてくるほどに
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
暁の時
目覚めと眠りの狭間

温もりがしみ渡っていく
あの空が
想いを繋げてくれる

どこにいても
何をしていても
朝はあなたの元に訪れる

光はあなたの傍にある

変わらぬ輝きで
いつでもあなたの傍にある
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
空の音
聴いてみたくない?

あの海の彼方へと
戻っていく夕陽

あの街の彼方から
生まれ来る朝陽

その調べは
至上の音楽
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
始まりでもなく
終わりでもない

生も死も

それは
宇宙の変容の一過程
かけがえの無い
通過点

だからこそ
今のこの生のベクトルを
愛なる方角へ
向けていたい
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
隙間無く隅々まで
行き渡らせたい

喜びを
潤いを
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
聞きたいな
笑った話を
泣いた話を

嬉しかった話を
哀しかった話を

なんでもない話を
どうってことない話を

その心に手を置いて

聞いていたいな
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
媚びるのは先天的に無理
試みたなら
きっと自分に吐き気がする
そんなの健康によくないし

媚びるのは
やっぱり
決定的に無理
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
人に投げ付けようとする
その言葉を
まずは己に投げ付けよ

その言葉に
己自身は耐えうるか
真っ向から向かって
本当に耐えうるか
受け止められるか

できない己に
人を裁く資格はない
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
少し弱ってるみたい
いてもたってもいられない瞬間が
断続的に襲ってくる

震えがくるほどに
この空を超えたくて
超えたくて

痛みが走るほどに
この地を駆けたくて
駆けたくて

でも実際のところは
そんなやりきれない想いを
ぐるぐると巡らせながらも
何をするでもなく
ただ雑然とした狭い部屋の
冷たく硬い無機質な床に
眉をひそめて
寝転がっているだけ

何とかしたいと
何かをしなければと
何かをすべきだと
本当に私は
思っているのだろうか
本当に私は
心底から
そう欲しているのだろうか

そんな想いが
じっとしたままの
私の全身を
息を切らせながら
駆けずり回っている

そして
衝動的に
逃げ込みたくなる
その胸に
すがりつきたくなってしまう

解ってもらえるのかな
こんな事
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
寒い夜だからこそ
心の芯から
温まらないとね
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
うまくいってないよ
これといって何も

何もかもに
置いて行かれている気になる

でも私は
息をしている
仮にも
生きている

苦しくても
哀しくても
鼓動は打っている

きっと
その一拍一拍が
この命の前進なのだ
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
偽りはありません
あの陽光に誓って

ただ
伝え損ねた言葉が一つ
ここに残ったままだけれど
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
好きならさ
歌ってくれても
いいんじゃない

たまにはさ
傍に来てくれても
いいんじゃない
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
いつも平気ってわけじゃない
思われているほど
私は強くない

かといって
弱さが許されるほど
子供ではない

手を離したら
堕ちるだけ

ただひとり
堕ちるだけ
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
同じだった
想いは

それはきっと今も

違っていた
形は

きっとそれだけが
違っていた

それだけの事だから
ただそれだけの事だから

だから
忘れない
変わらない
この想いだけは
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
苦しみは
希望への叫び

喜びを
導き出す為の問い掛け

臆する必要は
ない
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
季節が
寂々を纏い始める

少しづつ
深まりゆく
秋冷の風

少しづつ
膨らみゆく
宵の時

どうか
その心が凍えないように

せめて
この祈りを灯していたい
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
逢いたいと
想う気持ちは
どこから来るのだろう

それは
ここにある寂しさ?

でもそれよりも
もっともっと
逢いたさを
駆り立てるものは

きっと
そこにある寂しさ
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
やっぱり笑顔が 一番素敵です

やっぱり笑顔が
一番好きです
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
存在している

そのことがすでに
愛されている事の証し
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
秋の空
どこまでも高く
果てしない

私は地にいる
この地以外のどこでもなく

そしてあなたも地にいる
その地以外のどこでもなく

此処と其処
それは同じ処

前でもなく
後ろでもなく
上でもなく
下でもなく

傍らに
傍らで

地を踏みしめて
碧空を見上げて

この地にある魂に
喜びと微笑を
祈り続けながら

澄み切った爽涼に
憧憬と畏怖を
抱き続けながら
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
寒い夜はここへおいで
温かいミルクを入れてあげる

たっぷりのハチミツと
ちょっぴりのブランデー

かじかんだ手も
泣きそうな心も

じんわりゆっくり
ほぐれていくから

冷え込む夜はここへおいで

温かいミルクで
ゆっくりしようよ

温かい毛布にくるまって
並んで座って
星でも見ようよ
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
back | next

copyright (c) tomyM all rights reserved.